豆腐・納豆等の大豆食品業界の総合専門誌「月刊フードジャーナル」のご購読は、京都の株式会社フードジャーナル社までお申し込みください!

豆腐・納豆等大豆食品業界の総合専門誌「月刊フードジャーナル」の定期購読のお申し込み受付中!

大豆食品業界の総合専門誌「月刊フードジャーナル」の年間定期購読 ご利用案内・配送・送料 お問い合わせ
フードジャーナル社のカタログ・パンフレット・広告制作ソリューションコンサルティング
フードジャーナル社はツイッターを始めました!フォローいただける方はこちら!
ホーム電子書籍(豆腐関連)「FJ eブックレット 再読「大豆と技術」おから活用(II)低コストの飼料・肥料の開発」【電子書籍版】
商品詳細

「FJ eブックレット 再読「大豆と技術」おから活用(II)低コストの飼料・肥料の開発」【電子書籍版】

販売価格: 1,080円 (税込)
[在庫あり]
数量:



●FJ eブックレット 再読「大豆と技術」トピックス 
「おから活用(II)低コストの飼料・肥料の開発」
【電子書籍版】


2012年9月28日発行
定価:1,050円(税込)
ページ数:56ページ
編集 フードジャーナル編集部
発行所 フードジャーナル社  

さきの「おから活用(I)」では、乾燥おからパウダー、おからペースト、発酵おから、など食品への利用をめざした取り組みを取り上げました。
この「おから活用(II)」では、家畜の飼料、米、野菜などの肥料への利用を取り上げた4つの記事を掲載しました。
飼料化では、集荷や保存に工夫して、おからの保存性を高めた新潟県の事例、複合乳酸菌を利用して、腐敗を抑制するだけでなく、整腸効果や牛舎の消臭にも役立つ飼料を開発した取り組みを紹介します。
肥料化の面では、生おからとキノコ残渣を熟成させて堆肥を作る石川県の事例、おからと高温耐性菌群をまぜて発酵させ、さらに乾燥、ペレット化して肥料とする再資源化装置についての記事を掲載しています。

■畜産農家での豆腐粕の有効利用

■複合乳酸菌による飼料化技術

■肥料用途におからの有効利用

■高速発酵、乾燥処理で再資源化


【再読「大豆と技術」トピックス】について

弊社では、平成元年(1989)4月に、月刊「デイリーフード」( 後に「フードジャーナル」と改題) の増刊として、季刊「大豆と技術」を発刊しました。平成20 年夏季号をもって閉じましたが、その間、豆腐をはじめ大豆食品の製造技術を中心に編集してきました。

振り返って時代とともに捨てられるものもありますが、なお学ぶことも少なくありません。バックナンバーの問い合わせもあり、弊社では、20 年間の「大豆と技術」の中から話題・テーマを選び、当時を知る資料として、また現代にも生かせる知恵袋として、再読に供することにしました。

ここに掲載する記事は、画像等に、スペース上割愛したものもありますが、記事内容は、掲載当時のままです。写真、年代・年齢、固有名詞などに関する表記も元の記事のままとなっていますので、そのように、お読み取りください。



※この商品は、紙の書籍ではなく、パソコンなどで読むためのPDFファイル版となります。ご購入をしていただきましたら、メールでデータをお渡しする形となります。(そのため発送料はかかりません)




御注意:この商品は電子書籍という商品特性により、商品送付後の返却返金はできかねますのでご了承ください。